店舗(事務所)付き住宅の特徴と建築するメリットとは?

2022/09/13 ブログ
新築

【埼玉の工務店が解説】店舗(事務所)付き住宅の特徴と建築するメリットとは?

 

店舗・事務所付きの住宅を建築することで、通勤時間や事務所・店舗の家賃をゼロにすることができるので、より事業に集中することができるようになります。

 

そこで今回は、埼玉の工務店が解説する、店舗・事務所付き住宅の特徴と建築するメリット、住宅ローンについてご紹介いたします。

 

 

埼玉の工務店が解説!店舗付き住宅とは?

イメージ

埼玉の注文住宅などを販売する工務店「ホームヒカリノアトリエ」では、店舗や事務所兼住宅や、店舗・事務所の建築もご相談いただけます。

 

そのなかでも店舗付き住宅はメリットが多く、税金面でも優遇されるので、近年自宅と店舗(事務所)を兼ねる方が増えています。

 

そこでここからは、店舗付き住宅を建築するメリットや住宅ローンについて解説していきます。

 

 

店舗付き住宅を建築するメリット

1,店舗・事務所の運営費を経費として計上できる

2,小規模宅地の特例で相続税対策もできる

 

店舗付き住宅を建築するメリットは、税金対策ができることです。

 

店舗・事務所運営をするなかで生じた費用は、経費として計上することができますが、店舗付き住宅の場合は、水道光熱費や通信費、火災保険料なども家事按分で経費にすることが可能です。

 

また、相続税においても節税効果が望めます。

 

「小規模宅地等の特例」という制度を利用すれば、居住用宅地の相続において、最大80%もの節税を期待することができます。

 

 

店舗付き住宅は住宅ローンを利用できるの?

店舗兼住宅における住宅ローンを貸し出す銀行は少ないですが、一部銀行では店舗兼住宅用の住宅ローンを取り扱っています。

 

住宅ローンとして融資を受けられる要件は銀行によってさまざまですが、一般的には以下の要件を設定しているケースが多いようです。

 

  1. 店舗部分を除く居住部分の床面積が、建物全体の床面積の1/2以上
  2. 店舗部分が自己の使用である

 

また、一定の要件を満たすことで住宅ローン控除を適応刺せることが可能になっています。

 

 

まとめ

店舗付き住宅は、税金面で優遇されて、別途事務所や店舗を借りる必要がないので、家賃や通勤時間をゼロにすることが可能です。

 

埼玉のホームヒカリノアトリエでは、店舗建築のご相談を承っております。

 

ホームページより資料請求をしていただけるほかに、ZOOMを活用したご相談も可能ですので、ぜひご活用ください