自然素材の家とは?特徴やメリット・デメリット

2022/08/27 ブログ
子供部屋

さいたま市の工務店が解説!自然素材の家とは?特徴やメリット・デメリット

自然素材の家に定義はありませんが、一般的には化学物質を含まない、無垢材や珪藻土、漆喰などの自然からできた素材を使った家を「自然素材の家」と言います。

 

さいたま市にはさまざまな自然素材の家を手がける工務店が存在していますが、さいたま市のホームヒカリノアトリエでは、高いデザイン性と手に届く価格、100年保証が特徴の工務店です。

 

今回は、さいたま市のホームヒカリノアトリエが、自然素材の家の特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

 

 

 

新築

さいたま市の工務店が解説!自然素材の家の特徴

 

従来の家づくりでは、合板フローリングなどの複数の木材を集めて、接着剤でつなぎ合わせた集成材が多く使用されてきました。

 

この集成材には化学物資ホルムアルデヒドを含むため、シックハウス症候群の原因になることが懸念されています。

 

一方で自然素材の家は、建材に化学物質を含むものを使用せずに、全て自然界に存在している素材を使用することで、シックハウス症候群や、アトピー性皮膚炎、化学物質過敏症のリスクを低減して、安心して暮らせる家づくりが可能になりました。

 

では、この他には自然素材の家のメリットやデメリットは何なのでしょうか?

 

 

自然素材の家のメリット

  1. 体に優しい家づくりができる
  2. 経年劣化を楽しむことができる
  3. 調湿効果で年中快適に暮らせる

 

前述したように自然素材の家は、体に優しい家づくりができますが、その他には自然素材だからこそ楽しめる経年劣化や、調湿効果を得ることができます。

 

自然素材の家では、自然界に存在していたままの風合いや色をそのまま使用するので、年数を重ねるごとに“味”が出て、経年劣化を楽しむことができます。

 

また、自然界で呼吸をしていた木を使用する自然素材の家は、湿気を吸収して、適度に放出してくれるので、年間通して快適な湿度を保ってくれます。

 

 

自然素材の家のデメリット

  1. コストがかかる
  2. 色が柄のバリエーションが少ない
  3. ヒビ、割れ、収縮、反り

 

自然界に存在する素材は有限で、扱うことができる職人も限られていることから、自然素材の家はコストがかかります。

 

また、木はまっすぐ上に伸びていきますが、それを切って乾燥させて、成形を施すことで住宅用の建材にしていつため、時期によってヒビや割れ、収縮、反りなどが起こる場合があります。

 

 

まとめ

自然素材の家は、シックハウス症候群が心配という方におすすめの住宅で、アトピー性皮膚炎や化学物質過敏症の方が、安心して暮らせる家を建てることができます。

 

さいたま市のホームヒカリノアトリエでは、自然素材の家づくりをサポートさせていただいております。

 

家づくりに関するさまざまな困りごとやお悩みは、ぜひさいたま市のホームヒカリノアトリエにご相談ください。

新築3