今どきの家づくりで考えたい3つのポイント

2021/06/19 ブログ
新築・こだわりの家

今どきの家づくりで考えたい3つのポイント

家のデザインや外観・間取り・設備など、家づくりで重要視したいポイントはいくつかありますが、今どきの家づくりならではのポイントは3つあります。

 

    1,家事が楽になる間取り

    2.家族の時間を大切にできるLDK

    3.長く快適に暮らせる家

 

今回は、上記3点の今どきの家づくりで考えたい3つのポイントについてご紹介いたします。

 

今どきの家づくりで考えたい3つのポイント

時代は目まぐるしく進み、家づくりに関しても時代にあったニーズに応える家づくりが求められています。

 

ここからは、今どきの家づくりで多くの方が重要視している3つのポイントをご紹介いたします。

 

 

いまどきの家

1.家事が楽になる家づくり

昭和60年以降、共働き家庭が増加し始め、令和元年度には昭和60年の約3倍の世帯数が夫婦共働き家庭です。

【参考】男女共同参画局/「共同参画2020年9月号」

 

これから家づくりを始める家庭の多くが共働き家庭という現代において、家を建てた後の暮らしが効率的である必要があります。

 

特に家事動線にこだわる方が多く、家事が楽になる間取りや動線の確保については、家づくりの段階でしっかりプラニングするようにしましょう。

 

 

いまどきの家2

2.家族の時間が持てる家づくり

夫婦ともに働く時間が増えたことで、家族と過ごすことができる時間は夜や休日のみとなった家庭が多くなりました。

 

これによって家族で過ごすことができるLDKは広く、オープンにつながる間取りを求める方が非常に多いです。

 

また、将来家族構成が変わった後に容易に間取りを変更できる可変性のある家づくりをされる方が多く、部屋を専用の部屋にせず、様々な用途に使用できるように最初から設計した方が長く快適に住むことができます。

 

 

3.長期優良住宅など高機能住宅の選択

長期優良住宅」や「ZEH住宅」は、耐震性や断熱性・省エネルギー性などに優れた住宅なので、長く快適に住むことができます。

 

特に近年震災が起こる頻度が急増している背景を考えると、地震に強い家づくりは欠かせません。

 

家族が安心して長く暮らすことができる家として、高機能住宅を選択される方が増えており、国や自治体もそれに合わせて補助金制度を設けています。

 

 

いまどきの家3

家づくりはプロに相談することから始めよう

家づくりは、インターネットや雑誌などから情報を得ることから始める方が多いですが、正確で自分たちにあった情報を得るためには、プロにご相談することをおすすめします。

 

さいたま市のHomeヒカリノアトリエでは、家づくりに関するイベントの開催や、相談を実施しております。

 

土地探しや資金計画からサポートさせていただきますので、気軽にご相談ください。