スーパーウォール工法とは

2021/05/21 ブログ
デザイン住宅

スーパーウォール工法のメリットとデメリット

スーパーウォール工法とは、LIXILが開発・販売する住宅規格のことです。

 

昔から日本で採用されてきた木造軸組工法を採用することで、耐震性能や断熱性をプラスしたモノコック構造を採用しています。

 

モノコック構造は、耐震性能などを持つパネルを設置することで、住宅の壁全体を「面」で支えています。

 

今回は、このスーパーウォール工法のメリットとデメリットについて解説していきます。

 

 

スーパーウォール工法のメリットとデメリット

スーパーウォール工法の家づくりを選ぶ前に、メリットとデメリットがあることを知っておく必要があります。

 

モダンな水回り

【メリット】

  1. 耐震性・断熱性が高い
  2. 家全体の室温を一定に保つことができる

 

【デメリット】

  1. 家のデザインや間取りに制約を受ける
  2. コンセントやエコアンを増設しづらい

 

ここからは、上記2点ずつのメリットやデメリットについて解説していきます。

 

 

スーパーウォール工法のメリット

スーパーウォール工法は、耐震性や断熱性に優れたパネルを住宅の壁全体に設置しているので、外気温に左右されない快適な住環境を保つことができるのがメリットです。

 

夏の暑さや冬の寒さに左右されず、住宅全体が一定の温度に保たれるので、ヒートショックを防止することができ、冷暖房効率を高めることができます。

 

また、「面」で家を支えているため、地震や台風に強く、隙間の少ない高機密仕様なので音漏れしにくいというメリットもあります。

 

 

スーパーウォール工法のデメリット

家全体にパネルを設置するスーパーウォール工法では、間取りやデザインの制約を受けるというデメリットがあります。

 

例えば、耐震壁をくり抜いて窓を設置したりすることができません。

 

また、同様に壁をくり抜く必要があるコンセントやエアコンの増設が難しいので、家づくりの段階でしっかりプランニングする必要があります。

 

 

ガレージハウス

スーパーウォール工法の家づくりのことなら弊社にご相談ください

 

さいたま市にあるHomeヒカリノアトリエは、自然素材を使用したデザイン住宅や注文住宅が得意な工務店です。

 

弊社ではスーパーウォール工法による家づくりを行なっております。

 

また、家づくり勉強会などのイベントの開催や、土地探しや資金計画のご相談を受け付けているので、

「スーパーウォール工法の家づくりがしたい」と感じたら気軽にご相談いただけます。

 

弊社ホームページの問い合わせフォームよりご相談を受け付けておりますので、気軽にご利用ください。