ガレージハウスを選ぶ3つのメリット

2021/10/15 ブログ
ガレージハウス

ビルトインガレージやインナーガレージとも呼ばれる「ガレージハウス」は、ガレージが家の一部として内包されているものを言います。

 

郊外に家を建てられる方は、車移動を視野に入れて家づくりをされる方が多いので、このガレージハウスを取り入れる方が近年増えています。

 

そこで今回は、ガレージハウスを取り入れる3つのメリットをご紹介いたします。

 

ガレージハウス1

ガレージハウスのメリット

ガレージハウスのメリットは、

  1. 固定資産税が安くなる
  2. 趣味のアイテムなどを収納できる
  3. 愛車が雨風にさらされない

上記の3つのメリットがあります。

 

では、具体的にガレージハウスを取り入れることのメリットについて、ここからはご紹介いたします。

ガレージハウス2

1.固定資産税が安くなる

延べ床面積のうち、1/5以下をガレージハウスに割いた場合、そのスペースは固定資産税の計算外となります。

 

都市部であれば月々の車1台分の駐車場代が年間30万円となることも珍しくないので、ガレージハウスはとても有利な家です。

 

狭小住宅などでガレージハウスを取り入れた家づくりをする最大のメリットとも言えます。

 

 

2.季節物や趣味のアイテムを収納できる

ゴルフバッグや釣り道具、ウィンタースポーツ道具などは、家の中に収納すると場所をとってしまいますが、ガレージハウスに収納することで家の中をスッキリさせることができます。

 

またこれらのアイテムは重さがあるので、ガレージハウスに収納しておくことでスムーズに車に積むことが可能です。

 

ガレージハウス3

3.愛車を雨風や人災から守ることができる

ガレージハウスは四方が囲われた構造になっているので、雨風から車や自転車・バイクを守ってくれます。

 

また、車を移動させれば雨の日でもバーベキューや子供の遊び場として活用することができる他に、ペットの足の洗い場を設置させると、雨の日の散歩から帰ってきたときに雨に濡れることなく綺麗に洗ってあげることができます。

 

 

まとめ

ガレージハウスを取り入れるメリットは、「固定資産税が安くなる」「趣味のアイテムなどを収納できる」「愛車が雨風にさらされない」の3点です。

 

特に固定資産税が安くなるというメリットは、駐車場代が高いエリアでは魅力的なメリットと言えるでしょう。

 

弊社Homeヒカリノアトリエでは、ガレージハウスを取り入れた注文住宅をご提案しております。

 

ご家族様ごとに最適な家づくりをお手伝いしておりますので、気軽にご相談ください。

ガレージハウス4